• 2010.12.18 Saturday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

 
最近、腎臓の調子がよくない気がして

こんにゃくであっためてみました。

便秘がちでもあったけど、これをすると調子いいみたい。

皆さんもよかったら試してみてください

↓ ↓ ↓

こんにゃく

  • 2008.08.12 Tuesday 00:53
  • 骨盤にきく 気持ちよく眠り、集中力を高める整体入門
  • by スノー
最近、野口整体関連の本をよく読みます。
野口整体の理論ってふだん西洋医学のお医者さんに
かかっている人からみると、とっても不思議な話と思われるのではないかと思います。
ヨガをやっていると
体のくせみたいなの=性格や病気
が一致する気がするんです。
この本を読むとなるほどなぁと感心しつつ
とっても勉強になります。
絵もかわいいし、文も読みやすい。
「愛と悲しみの胸椎4番」などのネーミングもすてき。。。

今週の「おネエMANS」。ちょっと古いですが。
IKKOさんが美脚のつくり方で紹介してました。

これっ。わたし持ってたんです。でも使ってなかった...
テレビを見ながらゴリゴリゴリゴリ。
すると次の日足が軽くって!IKKOさんに感謝です。
豚に真珠...ネコに小判... 今日からゴリゴリつかいます。
足が細くなるというより、なんか通りがよくなるみたいで
とてもよいです。

土日は京都へ、ヨガの勉強に。

* びわ温灸(お手伝い)
 基本的に全身24(26)のつぼを温圧します。
 全身の気脈のとおりがよくなり気持ちよいです。
 温灸からでる煙の中にいるだけでも、カラダの中から
 悪いものがでていって、ほかほかとしてきます。

* 気の勉強
 空気中にはプラナという生命エネルギーが充満しているそうです。
 (これはジャックマイヨールの本で知りました)
 カラダの中にはプラナを取り込む通り道(ナディ)が7万2千くらい
 あるそうなのですが基幹となるのは3本だそうです。
 尾骶骨(肛門)から頭頂へ脊椎の中央をとおる スシュムナ・ナディ
 尾骶骨から左→右→左となみうって頭頂へとおる ピンガラ・ナディ
 尾骶骨から右→左→右となみうって頭頂へとおる イダ・ナディ
 その交差点にプラナがとどまり、そこでさらに活性化されるエネルギーセンター
 (チャクラ)があるそうです。
 ↓はチャクラの場所と名前です。
 А.汽魯好蕁璽蕁
 Α.▲献福 平粥γ寮を覚醒)
 ァ.凜シュッダ (聴覚を覚醒)
 ぁ.▲淵魯拭 平┳个魍仞叩
  マニプラ (視覚を覚醒)
 ◆.好錺妊スターナ (味覚を覚醒)
  .燹璽薀澄璽蕁 塀覚を覚醒)
チャクラ
 い離▲淵魯燭録粥△笋気靴気鬚△蕕錣靴海海傍い鬚箸すようにすると
 なんだか手までほかほかであったかくなります。

  • 2008.02.28 Thursday 11:40
  • ニューヨーク・シティ・バレエ・ワークアウト2
  • by スノー
評価:
ニューヨーク・シティ・バレエ
EMIミュージック・ジャパン
¥ 5,980
(2003-11-06)
ピンクレディエクササイズではないのですが
以前ちょっとバレエをかじったときに買いました。
即効性があります。
バレエって本当に全身の筋肉を使うんですね。
ちょっときついけど、プログラムを選べるし
最初の練習の方は毎日やるといいかなって思います。
腹筋はものすごくきついけど最後にナレーションの人の
「よくできました」のひとことに喜びを感じます。

楽健(らっけん)をご存知ですか?
足でカラダを踏んでほぐす健康法で
楽に健康になるという言葉から生まれたそうです。
わたしは楽健を「リンカラン」という雑誌で知りました。
双子のアーティスト、ショコラさんとヒーコさんが
楽健の先生、山内先生を尋ねて楽健を体験するというものでした。
2人ヨーガともかかれていて、とても興味をもちました。
挿絵のイラストもとてもかわいかった。

それからヒョンなきっかけで山内先生の講習に
参加することができたのです。
2年くらい前だったでしょうか。
それからを踏んだり踏まれたり。
(聞こえはわるいですが...)
今では楽健は生活の一部となっています。

楽健の考え方は簡単にこんなものではないかと思います。
(自分なりの解釈です)
人間の体は筋肉や筋、神経などすべて管(くだ)でできています。
その管がつまって膨れたり、滞ったり、固まったりすると
通るものもとおらなくなり、病気もなおりにくくなってしまいます。
そこでフミフミカラダを踏んでその管をとおすことで
心もカラダも健康になっていくのだと。

今日は友達をフミフミ。
筋肉がほぐれていくのがわかって
踏んでいるほうも気持ちがいいのです。

心と体と顔ってつながっている気がする。

心が疲れているときは体のどこかもかたまっている。
顔の表情にうごきが少ないときは体もかたまっている。
どっちが先でどっちが後なのかわからない。
だから心がすぐれないとき、笑うことがむずかしいときは
とりあえず、カラダをほぐすのだ。

不思議と笑顔がもどってくる。
ココロも軽くなる。
不思議だなぁ。

ヨガをはじめて10数年たちます。
はじめはジャック・マイヨールにあこがれて。
彼の「イルカと、海へ還る日」の著書の中でヨガや呼吸法などに触れていて
とても興味をもったのがきっかけです。
今となってはもうよく覚えていないのですが、空気中にプラナというエネルギーが
存在していてそのエネルギーを体にとりこみ、よくないものを体から吐き出すと
いった内容がかかれていたように思います。

そのころ観た「ガイア・シンフォニー」という映画でも彼は登場していて
イルカと同じような呼吸をしているとかなんとか。
この「ガイア・シンフォニー」という映画もとても興味深く、
空気中にあふれているエネルギーについては、ほかの出演者も同じようなことを
語っていたように思います。

実際にそんな呼吸ができているかどうかは分からないけれど
気持ちだけでも、体からわるいもの(なにかマイナスなもの)を吐き出して
空気中に生き生きとあふれているエネルギーを吸い込むと思うだけで
体は楽になるような気がする、今日このごろです。。。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORY
PROFILE
便利リンク
HMV検索
検索する

--------------------
ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー
--------------------
TSUTAYA online
------------------------
ベルメゾンネット
こまねこ
↓ 大好きな無印サイト


↓↓↓google検索
カスタム検索

-------------------
ミニプラネタリウム
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.